格付け会社のフィッチ・レーティングスは21日、米連邦債務上限が8月2日までに引き上げられなければ、米国を格下げ方向で見直す可能性がある、との見方を示した。  フィッチのアジア太平洋部門の代表、アンドリュー・コルクホーン氏が会合で述べた、とのこと。