さきがけ株式投資

<SINCE2011> 株式投資で豊かな暮らしの実現を応援します。独自に入手する一線を画した貴重な銘柄情報や企業・投資情報を発信しています。無料メルマガを中心に配信、2015年よりクローズド掲示板を開設。 ぜひ、ご登録してみて下さい。

2012年05月

例年通り今年も波乱の5月相場入りとなっております。GW連休前後には為替相場の急変動や米国株式市場の下落傾向が予見されるなど毎年警戒が必要な日柄と言えます。今年の日本市場は、年明けから始まった急上昇相場の反動から日経平均価格10,000円付近で買いに入った個人投資家の買い玉が上値を強烈に抑えています。また、 6月に向けて 信用高値(出来高)期日も迫ることから個別株の需給悪化は深刻な状況と言った所。足元では海外株式市場や国際商品市場等の外部環境の悪化も加わり見送りムード強くなっております。引き続き、個別株の需給を分析しながら ヘッジ売りによるショート戦略が有効な手法でしょう。

以下、直近の実績

4/24日 2432 ディーエヌエー 2519円 → 5/11日 1978円 (-541円)

4/27日 7972 イトーキ 503円 → 5/11日 479円 (-24円)

5/1日 8136 サンリオ 3450円 → 5/11日 3180円 (-270円)
 

引き続き下値模索が継続する展開を予想しております。

新しい情報が入りましたら無料メルマガを中心に配信いたします。
無料メルマガでは、マーケット環境を勘案して買い銘柄以外にヘッジ売り銘柄も配信していきたいと思います。外部環境面の分析に加え、個別銘柄の需給を解析して効率的なタイミングで下落する銘柄を配信できるように検討していく予定でございます。


クリックすると現在の順位が確認できます^^
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 
 sihei 
地合い悪化のため、買い銘柄の配信は現在休止中。時期を見ながらスペシャルな銘柄を配信する予定です。

本日の外人動向

 

株数(9社)  金額(9社)

 

売り    1030万株  126億円

 

買い   1100万株  147億円

 

差引き 70万株の小幅買い越し (2営業日ぶりの買い越し)

             

本日の外人の特徴は、米国系証券は買い越し、欧州系証券は売り越し観測。

               

セクター別  
売り:化学・小売・不動産・鉄鋼・保険・自動車・電機・機械・食品・商社・薬品など          

買い:通信・自動車・電機・機械・化学・小売・食品・保険・その他金融・ゲームなど

投資銀行部門で42億ドルの損失計上を発表したJPモルガン(JPM)は時間外取引で通常取引終値から7%程度の下げとなっています。4-6月期では8億ドルの形状になる模様。

この発表をから米金融株は総崩れ。通常取引終値からそれぞれGSが-2.7%、シティが同-3.9%、モルスタが同-3.0%、バンカメは同-2.9%と大幅安となっています。 

クリックすると現在の順位が確認できます^^
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 
 sihei

売り  80億円 (EFP 0億円)


買い  100億円 (EFP 20億円)

 

全体 180億円で 差引きフラット観測。

クリックすると現在の順位が確認できます^^
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 
 sihei 

本日の外人動向

 

株数(9社)  金額(9社)

 

売り    1700万株  192億円

 

買い   1390万株  181億円

 
差引き 310万株の売り越し (2営業日ぶりの売り越し)

             
本日の外人の特徴は、米国系証券、欧州系証券ともに売り越し観測。

               

セクター別  
売り:電機・精密・自動車・通信・商社・銀行・食品・小売・建設・機械・薬品・鉄鋼など          
買い:銀行・薬品・小売・電機・自動車・化学・電力・瓦斯・商社・機械・サービス・通信・ゲーム・陸運など

 
クリックすると現在の順位が確認できます^^
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 
 sihei    

本日の外人動向

 

株数(9社)  金額(9社)

 

売り    1660万株  171億円

 

買い   2370万株  228億円

 

差引き 710万株の買い越し (3営業日ぶりの買い越し)

             

本日の外人の特徴は、米国系証券、欧州系証券ともに買い越し観測。

               

セクター別  

売り:電機・食品・小売・鉄鋼・建設・商社・化学・自動車・その他金融・ゲームなど          
買い:通信・商社・自動車・化学・電機・銀行・薬品・建設・食品・小売・サービス・ゴムなど

クリックすると現在の順位が確認できます^^
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 
 sihei  

http://stayingpowerlab.ldblog.jp/archives/3380108.html 

2432 ディーエヌエー 1790円(-200円安) 東証1部 単位100k

ショート戦略でご紹介しておりました2432 ディーエヌエーが昨日に続き、本日も暴落の様相。ショートポジションをお取りになられた方はおめでとうございます。

連休前後からマーケット環境が悪化しております。引き続きヘッジ売りが有効と思われます。外部環境面では商品価格の下落が顕著になっている点が懸念材料として浮上しております。リスク管理にはくれぐれも気を付けなければいけない状況です。

新しい情報が入りましたら無料メルマガを中心に配信いたします。
無料メルマガでは、マーケット環境を勘案して買い銘柄以外にヘッジ売り銘柄も配信していきたいと思います。外部環境面の分析に加え、個別銘柄の需給を解析して効率的なタイミングで下落する銘柄を配信できるように検討していく予定でございます。


クリックすると現在の順位が確認できます^^
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 
 sihei

本日の外人動向

 

株数(9社)  金額(9社)

 

売り    2100万株  244億円

 

買い   1540万株  230億円

 

差引き 560万株の売り越し (2営業日ぶりの売り越し)

             

本日の外人の特徴は、米国系証券、欧州系証券ともに売り越し観測。

               

セクター別  
売り:機械・小売・自動車・不動産・銀行・通信・薬品・建設・サービス・硝子・紙パなど          
買い:電機・通信・食品・薬品・化学・建設・自動車・保険・機械・サービス・小売など 

クリックすると現在の順位が確認できます^^
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 
 sihei  

 http://stayingpowerlab.ldblog.jp/archives/3380108.html  

ショート戦略をされている方には追い風となる報道です。


携帯電話ゲーム:コンプガチャ 景品表示法抵触の可能性

携帯電話のゲームで、アイテムを購入してそろえると別の希少なアイテムを獲得できる「コンプリートガチャ」といわれる新商法について、消費者庁は5日までに、景品表示6件法に抵触する可能性があるとして近く業界に周知する方針を固めた。  コンプリートガチャをめぐっては、高額な料金を請求されたとの相談が同庁に寄せられていた。  「Mobage(モバゲー)」などのゲームでは、有料で武器などのアイテムを当て、特定の組み合わせをそろえると希少アイテムを獲得できる。  消費者庁は希少アイテムが景品表示6件法で制限されている懸賞に当たると判断した。(毎日JP:引用)

http://mainichi.jp/select/news/20120506k0000m040017000c.html  毎日JP

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00222667.html  フジ 

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120504-OYT1T00821.htm  読売

http://www.inside-games.jp/article/2012/05/05/56364.html  他 

クリックすると現在の順位が確認できます^^
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 
 sihei

[ニューヨーク 4日 ロイター] 4日の米国株式市場は大幅安。米雇用統計の結果を受けて景気の先行き懸念が広がった。ダウは3日続落、S&Pは週間で2.4%下落し、昨年12月以来の大幅な下げとなった。 ダウ工業株30種.DJIは168.32ドル(1.27%)安の1万3038.27ドル。 ナスダック総合指数.IXICは67.96ポイント(2.25%)安の2956.34。 S&P総合500種.SPXは22.47ポイント(1.61%)安の1369.10。 4月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比11万5000人増と、予想の17万人増を大幅に下回り、米経済の失速を示した。失業率は8.1%に低下し、3年ぶりの低水準を更新したものの、職探しをあきらめた人の数が増えたことを反映した。・・・・
ロイター5/5   http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE84301I20120504 

クリックすると現在の順位が確認できます^^
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 
 sihei

5月3日(ブルームバーグ):3日の米国株式相場は続落。非製造業の景況指数が予想を下回ったことが売りを誘った。4日に雇用統計の発表を控えて様子見気分も強かった。 ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指数は0.8%下げて1391.51。ダウ工業株30種平均は61.98ドル(0.5%)安の13206.59ドル。 レイモンド・ジェームズ・アソシエーツのチーフ投資ストラテジスト、ジェフリー・ソー氏は「経済統計は景気が緩やかになってきたことを示している。4日の雇用統計が失望を誘う内容になっても意外ではない。そうなれば、買われ過ぎたポジションが解消されるだろう」と述べた。 経済統計予想の正確さを示すシティグループ経済サプライズ指数はマイナス24.20と、昨年9月以来の低水準となり、実際のデータが予想よりも悪いことを示唆した。

ロイター5/3日   http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M3GR2T6VDKHT01.html 

 クリックすると現在の順位が確認できます^^

   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 
 sihei 

売り  150億円 (EFP 100億円)


買い  60億円 (EFP 10億円)

 

全体 210億円で 差引きフラット観測。

 
クリックすると現在の順位が確認できます^^

   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 
 sihei

本日の外人動向

 

株数(9社)  金額(9社)

 

売り    1160万株  156億円

 

買い   1250万株  160億円

 

差引き 90万株の小幅買い越し (2営業日ぶりの買い越し)

             

本日の外人の特徴は、米国系証券、欧州系証券ともに買い越し観測。

              
セクター別 
売り:商社・食品・自動車・電機・REIT・銀行・化学・小売・機械・不動産・その他金融など          

買い:電機・通信・銀行・保険・化学・食品・不動産・自動車・繊維・薬品など

8136 サンリオ 3450円(-65円) 東証1部 単位100k

8136 サンリオのショート戦略に注目します。欧州の景気後退が同社の売り上げに悪影響を与えています。現在のPBRも11倍と割高で昨年、一昨年とバブル相場を形成した水準訂正の下落が予想されます。価格売買別出来高でみた価格帯3600円付近が重たい印象。5-6月に信用高値期日の到来も予想されることからショート戦略に妙味ありでしょう。

新しい情報が入りましたら吟味してメルマガにて配信いたします。

クリックすると現在の順位が確認できます^^

   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 
 sihei 

本日の外人動向

 

株数(9社)  金額(9社)

 

売り    1370万株  171億円

 

買い   1060万株  138億円

 

差引き 310万株の売り越し (9営業日ぶりの売り越し)

             

本日の外人の特徴は、米国系証券、欧州系証券ともに売り越し観測。

               

セクター別  
売り:商社・小売・電機・精密・自動車・機械・REIT・ゲームなど          

買い:電機・化学・銀行・不動産・通信・小売・食品・証券・ゲーム・保険など

クリックすると現在の順位が確認できます^^

   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 
 sihei 

↑このページのトップヘ