さきがけ株式投資

<SINCE2011> 株式投資で豊かな暮らしの実現を応援します。独自に入手する一線を画した貴重な銘柄情報や企業・投資情報を発信しています。無料メルマガを中心に配信、2015年よりクローズド掲示板を開設。 ぜひ、ご登録してみて下さい。

2011年04月

週末の米国市場はDOW+56.68、12341.83㌦、NAS+4.43、2765.65㌦で取引を終了。重要なテクニカルゾーンが試される一週間でしたが米国市場に関してはいまだ値幅を伴う調整は予定に無い様です。監理相場は継続と言うところ。
一方で国内市場に目を通し、聞くところ悲観的な見通しが多く見受けられます。経済の急激な落ち込み、大規模余震、原発問題悪化の懸念、国内投資家はいずれの更なる悪材料噴出に身構えて破壊的な下落を見越しているのかもしれません。
今週発表の3市場信用取引残高の推移では3週連続の売り残増、株数ベース10億8600万株金額ベース6787億円に対して買い残高金額ベース1兆4716億円(震災前1兆8855億円)を見る限り日経平均指数の膠着状況のなか、顕著な売り残増加と伸び悩む買い残高傾向(震災前データ比較)が進展の乏しいマーケットの現状を正確に現していると認識できると言えます。傾向は4月1週~2週分を確認して傾向が強まってくるのではないでしょうか。
米国市場や海外の外部要因が急激に悪化しないかぎり膠着感が一層強まり短期的に力の傾斜しているポジションと逆の値動きになりやすい可能性があります。
マーケットが値動きに乏しく膠着した状況から均衡が分かれるときトレンドが発生します。様相の鍵を握る需給関係をしっかり見つめて行くことが大切です。


メルマガ購読・解除
 

4/10日にメルマガで配信しました ※2※※ が本日10%を越える大幅上昇。

3月の配信時にスクープしました業績の大幅改善が確認されたことが材料視されました。

引き続き面白い展開が見れそうです。関連銘柄の ※4※※ も今週に入り気配に変化が出ております。

無料メルマガ購読者の皆様、是非注目ください。

無料メルマガ登録は以下から↓↓↓


メルマガ購読・解除
 

4/13日の日本市場は-10円の9545円で小幅続落で前場を終了。10:07分に茨城県北部で発生した震度5弱の地震の影響で指数は値を消し、個別は高安まちまち。復興・代替エネルギー関連の銘柄が物色の傾向、1407ウエストHD、1972三晃金属、などが昨日に続いて買われています。

地震に関して引き続き震度5-6程度の余震に予断が許せない環境から原発状況と合わせてマーケットは一喜一憂の展開が継続しそうです。

国内機関投資家のポジション取りについてですがややショートに傾きが見られるとのことです。5月は連休も控えておりますリスクを最小限に抑えて臨みたい局面です。
新しい情報が入りましたら配信します。

メルマガ購読・解除
 

・世見 幸福への近道 http://shohweb.com/

・大地震警報・前兆緊急アラート http://kobayashiasao.blog65.fc2.com/

(アクセス集中につき大変つながりにくくなっています)

人々の関心が地震予知に集まっています。

何か大きなインパクトが起こるとき、結果が生む事態を事前に把握しようとすることで己の身を守れるかもしれません。

良くも悪くも、多くの情報に触れることが大切なのかもしれません。

都内の幹線道路を行進する大群衆。

原発に反対、廃止を求めるデモ行進が開かれました。

IMG_1765

参加者の多くに若者が目立ちました。

訴えを掲げ、交通を押し切り行進する姿に若者のエネルギーを感じました。

IMG_1762

日本を憂う気持ちに共感いたします。

今まで見たことのない日本人のエネルギーを間近で感じました。

政府が責任を持って見通しを示すことがマーケットにおいても国民生活についても今後重要です。

4/20
メディアが報じないのは日本に関わらず欧米でも一緒。世界各国で原発に対するデモが頻発しているのは大きな事実です。
  

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ                                        東日本大震災からひと月が経ち、桜の開花。新たな年度がはじまりました。振り返れば2011年の頭、タイガーマスク現象で日本中がとても温かい気持ちに包まれました。しかし、震災が津波が原発が人命も家屋も信用も日本から奪っていきました。日本に生まれてこんなにも天地のひっくり返るような思いはしたことがありません。被災に遭われてお亡くなりになられた故人とそのご遺族の方々には改めて心から哀悼の表します。
マーケットにおきましてはドル円相場のトレンド転換、スタグフレーションの進行が懸念されます。本当の意味で私たちの実生活は日本政府の舵取りにかかっていると言っても過言ではありません。

投資家は世界経済の情勢を敏に感じながら金融市場を賢く利用しなければなりません。
そのお手伝いを微力ながらさせて頂きたく思う次第です。

本日はSQ算出日でありました。9612円を上回ったことにより来週のマーケットへ期待が沸きます。懸念材料はいくつもありますが、東電のストップ高に象徴されるように目先の光明が見えた気がしました。個別材料株の地合いはさほど悪くないとの印象、来週はメルマガ配信銘柄がどれだけ値幅を伸ばせるかに注目しています。

再度、過去の掲載銘柄を一度整理して配信致したいと思います。(4/10PM予定)

是非ご登録してみてください。

ありがとうございました。
メルマガ購読・解除
 

10:30過ぎからの先物買いで87円高の9678円、本日SQ値9612円を上回る前引け。SQ通過後を計っていたかのような中小型材料株への買いは寄り直後から散見できました。先物買いからさらに盛り上がりを見せそうな余韻を残しての前場取引終了。後場に期待がかかります。
本日、9501東電への断続的な買い物が継続しています。後場も東電株の上昇と先物買いをセットにした流れで全体相場の底上げが強まると思います。

※ 4/8~ 信用規制(増し担保) 9501 東京電力 ご注意ください。

膠着感の強い相場。

個別を見渡すと中小型や材料株の地合いが悪いことが印象に残りました。大型株にはにわかに強含むものも、日立製作所の値動きも気になりました。明日のSQ通過で方向感が示されると思います。

原発制御と放射能拡散の問題は今週通して騒がれ、そろそろマーケットも織り込むと思われます。さすがに同じ材料で売り込むには新鮮さがないだけに米国株の調整局面のような外部環境の暗転がないことを条件に反発を期待したいところです。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログへ

9501東電 L・292円 H・396円 

後場から買戻しを含めて明らかな買い手が現れた印象。先日、東電の今後の対応のため外国人のアドバイザーが就いたとの報道がありました。後場からの買いは米系ファンドでしょうか。株式上場企業として東電の出口模索の道筋が微かに見えてきそうな雰囲気です。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ

東レと三菱レイヨンがサウジアラビアで炭素繊維の工場建設を検討していると日経新聞4/6朝刊が報じた。炭素繊維の世界的な需要拡大と原油価格高騰を受け原料が安く調達できる中東での生産を検討しているとの事。軽量で強度に優れる炭素繊維素材は自動車、航空機等の部材等の分野で需要が拡大しており、東レと三菱レイヨン(非上場)、東邦テナックス(帝人子会社・非上場)の国内3社で世界市場の7割のシェアを持っている。

3402 東レ 590円 4/5.C

4/4日にメルマガで配信しました関連銘柄の値動きにも注目が集まります。
メルマガにてフォローも配信致します。宜しければお付き合いください。
メルマガ購読・解除
 

本日の日本市場は-103円安の9615円で大引け。全面安の展開で体感的には200円安以上の雰囲気を感じました。当ブログで紹介している銘柄群も全面安の状況で地合いの悪さを懸念しています。

皆様におきましてはリスクの管理にくれぐれも配慮して臨んでいただきたく思います。

先物手口を日々考察していますが外資系を中心に今のところ目立った売り傾斜は読み取れません。日経平均株価におきましてはボックスのイメージというところ暫定ボトムは9200円近辺は震災後の外国人投資家買いの指数ベース平均取得価格とのことです。
参考になれば良いと思います。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

震災の影響が電力会社のによる市場からの資金調達に支障が出ている。各社が過去に発行した社債の償還や設備投資に使う資金を手当てする必要に迫られてる状況にも原発事故で機関投資家が電力債への投資に慎重になっているとのこと。加えて格付け会社の相次ぐ格下げも金利上昇を招きこれまで高い格付けを利用して必要な資金の大半をコストが割安な社債で調達してきたことから、社債の利回りが高止まればコストが上昇し、各社の収益の重荷になる可能性があるとのこと。
今朝の日経新聞で報じておりますが、人気低下により社債金利上昇はコスト高になって電力会社の収益を圧迫して将来の電力料金の値上げとなって家庭を直撃することを懸念してます。身近な生活では鉄道料金の値上げを一番懸念しております。急激な円安も明らかな悪性のインフレの進行であり国内の製造各社は生産コスト上昇にも苦慮します。一般的に日本は資源に乏しい国ですから火力発電所の増設にしても近い将来の電力料金の値上げは必至ではないでしょうか。

外国人投資家の日本株買いが昨年度3兆8000億円と2年連続買い越しとなったと日経新聞4/4日朝刊が報じた。
今回の震災直後にも約1兆円を買い付けるなど外国人投資家の存在感がより一層高まりをみせています。

特に震災直後には中国系ファンドや投資家の買いが目立っているとのこと。この傾向は昨年から顕著になっておりこれまでは外国人投資家の日本株売買の占有率約60%の内、北米と欧州で約70%(北米約30%欧州約40%)とされてきましたが昨年から第三極として中国人投資家の存在が存在感が大きくなっているといえると思います。当方の協力者が運営するサイトにも震災直後から中国方面と思われるアクセスがかなり増えているとのことでした。今後これら動向には注視していきたいと思います。

4/1日付、ゴールドマンサックス証券のレーティングで中立から買い判断(850円)となった6135牧野フライス製作所が急伸、4/4日前引け48円高の742円となった。好環境が続いる機械受注だが震災後の影響が今後懸念されます。

当メルマガで過去に配信した機械株も震災前の水準まで値を戻しつつあります。海外生産が比率が高い企業は影響も軽微で済むのではないでしょうか。改めて銘柄フォローの意味でも配信させていただきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ 今年度も宜しくお願い申し上げます。

当ブログでは3/23日に震災後大幅高の反動下落をにらみヘッジ銘柄を4銘柄配信いたしました。

9501 東京電力   1049円 → 4/1安値  399円
6632 JVCケンウッド 417円 → 3/29安値 350円
6773 パイオニア   360円 → 3/29安値  323円
6796 クラリオン    140円 → 3/28安値  127円

中でも東京電力のヘッジ売りは一部の外資系証券会社の見解や動向をいち早く入手し配信することができたと思います。

今後も新しいニュースや情報が入り次第配信致していきます。

当ブログはメルマガ媒体で情報の発信を行っております。情報の数は週、月単位でまちまちとなりますが、信頼度の高い情報の発信に心がけ、機密性をなるべく保ちつつ配信するというスタイルのためメルマガ媒体を選択しております。

今後も皆様のお役に少しでも立てれば幸いと願っております。

ありがとうございました。
                                         

4/3日(日曜日)にメルマガを発行予定です。
既配信銘柄のフォローと新規銘柄を一つ配信致します。

紹介銘柄の詳細はメルマガでのみ触れていきますのでこの機会に無料登録してみてはいかがでしょうか。投資判断の参考になれば幸いです。
 

メルマガ購読・解除
 

3/30日にメルマガで配信しました銘柄が昨日に続き本日は大幅上昇。

3営業日で約10%の上昇となりました。お買い付けになられた方おめでとうございます。

引き続き大暴騰期待銘柄として注目ください。

新しい情報が入りましたら配信いたします。

メルマガ購読・解除
 

↑このページのトップヘ